お知らせ Information

AR日誌

クリスマス、年末の大掃除、大晦日、元旦、初詣、

日本の年末は忙しいと思っていましたが、メキシコでは、1日から仕事も始まり、学校も始まります。

クリスチャンでもなく、キリスト教に詳しくない私は、東方の3博士?が子供たちにプレゼントを持ってくる・・・???

 

言葉は文化や歴史を学ぶ手段。そして、人とのつながりを作ってくれる素晴らしいものです。

 

来年の元旦には、息子の友達が「日本のお正月」を知りたい?とやってくることになりました。

彼女はトルコから日本文化を学ぶためにやってきたそうです。

さて、どんな料理を作るか・・・うちのおせちは和洋折衷なんですが・・。

日本文化、伝統を英語で説明できるかな?(笑)

 

冬期講習のお知らせ

ARのつかはらあやこです。

12月になりお問い合わせが多くなってきましたので、12月、1月のスケジュールをまとめます。

 

宇都宮校

小学生

・ワンコイン体験会

・英検4、5級特訓コース

・小6スペシャルコース

中高生

・冬期講習

 

小山校

小学生

・小6スペシャルコース

・新小6集中コース

中高生

・冬期講習

詳細は下記のリンクをご覧ください

https://english-ar.com/information_category/news/

#英語塾

#宇都宮

#小山

#多読多聴

#小中高生

#冬期講習

#体験会

センター試験まで

こんにちは、スタッフの池田です。

いよいよセンター試験まであと1か月と少しとなりました。

この時期はセンター、私大、国公立とどうバランスをとって

学習していくか迷いますね。

センターは記述をしっかり準備していれば特に問題は

ないかと思います。しかし、油断は禁物!センター特有の

引っかけもあるので、この1か月はセンターを利用する人は

対策にしっかり時間をかけていきましょう。

国を挙げての試験なんてそんなにありませんので、

ぜひセンター試験を楽しむくらいの気持ちで臨んでくださいね!

 

それでは最後にお知らせです。

1月空き状況



1月は新規の生徒さんが多く入るので

場合によっては埋まってしまう曜日も出るかもしれません。

また、表には載っていませんが、1/4(金)スタートで

英検4,5級特訓コースをご用意しています。

ご希望の方はお問い合わせください。

毎週金曜17:00~17:50(全4回)

税込10,800円

緊張!

 

こんにちは!日下部です。

今日は、先日行った、”The Four Seasons"の発表会のことを書こうと思います。

テキストのReading部分が4つの季節に分かれています。その季節を選んで、

まずは、読めること、できれば 覚えてくること を宿題にして 今週のレッスン時に

発表してもらました。

覚えてきてくれた子は一人!でもみんな上手に読めました。覚えてきてくれた子も

あまりの緊張のため、覚えてきた文も頭から飛んでしまったとか・・・。

緊張するのは当然です。でも これが「Presentation」のスタートになると思っています。

 

語彙の増やし方

こんにちは、AR宇都宮校の亀井です。

自分で英語を勉強していてなかなか覚えられないな、という単語ってたくさんあると思います。

私も過去英検等の勉強をしているとき、何回も間違える単語に悩まされました。

反面、絶対に忘れない単語などもあります。

それは、テレビや漫画等日常生活の中で何度も見聞きした単語です。

最近トランプ大統領が自分のことを "tariff man" ー関税マン” とツイッターで言っていましたが、何度もニュース等で言っているので、この機会に覚えてしまうとちょっと得かもしれないですね!tariff=関税で英検準一級レベルの単語ですよ!

 

ゲームや漫画好きな方は気になる言葉があったらその都度辞書を引いてみると内容の理解も深まり、単語も覚えて一石二鳥ですね。案外英検準一級、一級レベルの言葉をすんなりと覚えてしまうことができます。

自分自身も中学生のとき海外のカードゲームの文章を必死に辞書と格闘しながら訳して遊んでいた時に覚えた単語は今でも覚えています。

その単語が役に立ちだしたのはそれから10年以上すぎてからでしたが(笑)

 

お知らせ

アカデミックロード宇都宮校では来年一月から金曜日19:30-22:00に中学生クラスが新規に開講いたします。

定員にはまだ余裕がございますので金曜日での受講をご希望の方はスタッフまでお申し付けください。

 

AR史①【再】

ARのつかはらあやこです。

ホームページが新しくなり、ブログも新たになったので、はじめましてのみなさまにARをより知ってもらうために、わたしが2000年からスタートし現在に至るまでを記した『AR史』を再び連載させて頂きます。



すいません。わたしがつかはらあやこです。

 

今月から『AR史』と題して2000年から始まったARの歴史をこの『あんなことこんなこと』に書かせて頂きご父兄のみなさまにもARをより身近に感じて頂ければと思っています。ここまで来られたのは、ARの趣旨にご理解頂き、小山校、そして宇都宮校にお通い頂く生徒さんとご父兄さま、また私と一緒に頑張ってくれている(くれてきた)スタッフのお陰だと思っています。拙い文章ですがよろしくお願いいたします。

私(塚原)がARをスタートさせたのは2000年4月です。約18年もの年月が流れました。早いものです。
私は大学卒業後建設会社に勤めました。数年勤めた時に母が病になり、実家の茨城県古河市に戻ってきました。その時に介護をしながらできる仕事(昼間は介護なので夕方以降)という点で探した仕事が英語専門塾での英語を教える仕事でした。それが今のARの原点だと思っています。

ARスタート
もともと英語は得意でしたが、人にものを教えるという経験は初めてだったので、英語専門塾での仕事は英語指導というよりもどう生徒と向き合っていくのかという点でとても学びが多かったです。その仕事からのご縁で栃木放送ラジオ講座の放送講師等の仕事をしたりし、2000年にARをスタートさせました。
もともと高校ぐらいのときから何かのプロフェッショナルとしてフリーで生きていきたいという漠然とした想いがあり、偶然始めた英語を教える仕事の楽しさと奥の深さに嵌まり、28歳でARを始めました。

AとR
アカデミック・ロードってどうしてそういう名前になったんだろう?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。『アカデミック・ロードAR』のacademicのAは私AyakoのA。roadのRは友人(Rica)のRです。つまり始めたときは2人でした。
しかし船頭が2人はだめですね。方向性を巡って毎日激論でした。その結果Rは1年後『私留学する~』と言ってARを離れていきました。Rは創造性がありいつもアイデアで溢れていました。教室にソファーを置くなど遊び心がある教室の原型はRが作ったといっても過言ではありません。

みんなの作品

こんにちは!日下部です。

ご無沙汰しています。今日は もうすぐ12月だというのに暖かく、過ごしやすい一日にでした。

 

さて、今日は先日 小学生クラスで作った「Booklet」のご紹介です。

Discoverというテキストを使ってレッスンしていますが、そのテキストの中に

「Booklet」作りが載っています。それぞれ好きな動物を選んで、その動物を紹介するものです。

「絵」が苦手だったり、まだ文が作れなかったり・・いろいろな子供たちがいますが、今回は

それでもなんとか頑張ってもらいました。

まだまだ「自分」だけの力で英語の文を書く・・・もちろん とても難易度 高い!

このDiscoverには、Readingの部分があり、そこから抜粋できます。これでもいいのです。

なぜか・・・だって文を理解している・・ということですから!

ブログの引越し!

ARのつかはらあやこです。

この度ホームページを新たにするとともにこちらにブログを引越しします!

引越しするにあたり悩んだこと。800以上もある記事をどう移行するか。

 

1.全て捨てる(笑)

2.800→250くらいにして移行

3.文章のみ移行

4.文章も画像も移行

さてどれにするか。初めは2を行う予定でしたが、ジュゲムにエクスポート機能がついていることがわかり現在は3にすることを検討中。

引越し作業自体が失敗したら必然的に1になっていましますが(笑)

 

旧ブログはこちらです。ジュゲムが無くならない限りこちらでご覧になれます。

http://english-ar.jugem.jp/

 

さて、どうするか。

多読の楽しみ方

こんにちは、スタッフの池田です。

最近図書も増えたこともあり、図書と長文問題をリンクさせて
学習できるようになってきました。

例えばですが
ライト兄弟の長文→偉大な発明に関する本
ピンタゾウガメに関する長文→ガラパゴス諸島の本
銃規制の長文→アメリカ文化についての本
お国柄ジョークの長文→イギリス人についてのジョークの本
クモに関する長文→スパイダーマンの本
など。長文を読んだ後にさらに背景知識を
追加で習得できます。(最後のは微妙…?笑)
知らないよりはいろいろなことを知っている方が
ライティングやスピーキングにも
役立ちますので、みなさんにもぜひたくさんの
本に触れてもらえればと考えております。

大量の図書が来ました!



ARのつかはらあやこです。

先日のAR日誌に池田先生も書いていましたが 多読図書が一挙に増えました!おそらくトータル2000冊くらい増えたでしょうか?

多すぎて整理が中々追いつきません。

 

実は私の友人で多読多聴をベースにした英語教室を宇都宮の駅東でしていた方が、

介護等の関係で教室を締めることにしたのです。

友人は多読学会にも所属していて多読をとても熱心にしてて、図書にも詳しくわたしも何度か

伺い図書のアドバイス等頂きました。

 

同じ教室をやっているものとして、決断に至る葛藤等相当の時間とエネルギーがかかったことと思います。

その友人が

『つかはらさんの教室で多くの生徒さんの読んでもらえたら嬉しいわ~』

と言って多読のタスキを託された気持ちでいます。

 

お譲り頂いた図書を大切に読ませてもらいます。

 

ということで、図書がとても増えました。近いうちにARの生徒さんだけでなく、

一般の方にも貸し出しできる環境を作っていければと思っています。