AR 6Skills & SGS ABOUT AR 6Skills & SGS

AR【6Skills】 誕生Story

英語の勉強が楽しくない&準1級に合格できない...

かつてはARも、学校の授業サポート+受験指導を主体としたいわゆる「4技能(reading/listening/writing/speaking)」の習得を中心にレッスンを行っていました。その中で生徒の成績は伸び受験指導にも実績を重ねつつも、開校から数年経つとまるでガラスの天井があるかのように多くの生徒が伸び悩む共通ポイントが出現・・・それが「長文読解」そして「エッセイライティング」力の不足でした。両能力が必須となる英検準1級への合格者が年間数名にとどまり、合格志望者の7割以上の生徒が脱落する状況・・・それはまるで2級と準1級の間に横たわる「2-1ギャップ」が存在するかのようでした。

尚且つ大学受験対応の文法読解を中心としたレッスン構成では「英語を学ぶ真の楽しさを生徒に感じてもらえてはいないのでは?」という思いも増すばかり。どうしたらその両方に応えることができ、英語力を自分の人生における「強み」にできる人材に育ってもらえるか?と悩む日々でした。

ブレイクスルーの鍵は『Writing』と『Extensive Reading』

そんな思いをブレイクスルーさせたい!その一心で日々試行錯誤を重ね、代表・塚原は大学院への社会人入学も行い研究に邁進。そこで出会った<多読 Extensive Reading>教育メソッドに着目し2012年よりARでも本格導入開始。これによりまず「英語を好きになる」生徒が激増し読解力の底上げに繋がり、結果英検準1級合格者も二桁となりTOEICスコア700超えの生徒も多数出現と着実に成果が出始めました。

更にエッセイライティングに必須である<思考 Thinking>力を身に付けられるメソッドを編み出すべく、2018年には英語ネイティブであり海外にてライティング専門教育を受けたメンバー等を招聘しARオリジナルライティング教材の導入に着手。

Creativeに学び
Uniqueな存在になる
AR【6Skills】

これらにより他では学ぶことのできないハイクオリティな授業を実現し、生徒には高レベルでの英語力を身に付けると同時に「英語を学ぶ喜び」を実感していただける環境を提供できるようになったと自負しています。

多読>と<思考>を4技能に加えたARオリジナルメソッド【6Skills】、これが私たちARが生み出した
Creativeに学びUniqueな存在になる>為の英語学習法の答えです。

AR 6Skillsカリキュラム

まずは「Reading」「Writing」
そして「Listening」「Speaking」へ

4Skills+Extensive Reading +ThinkingからなるARオリジナルメソッドを学ぶことによって高校2年時に英検準1級(CEFRB2)を目指します。

昨今の入試改革への対応やその後の人生において生きた英語力を身に付けたいと考えた時、現在の学校英語教育に不足しているのは圧倒的なボリュームのインプット(多読)適切なアウトプット(ライティング)であり、それを克服するものはARオリジナルメソッド<6Skills>です。4技能(reading、listening、writing、speaking)に加え多読、考えることの6つのSkillの習得を主眼としてカリキュラムを編成しています。

LEVEL 程度 内容
C1 英検5級
(A1)レベル
音と文字の一致のためにフォニックス、サイトワードを学び、身の回りの語彙を覚え始める。多読に入る前段階のため読み聞かせを実施。
C2 英検4級
(A1)レベル
多読がスタートし、単語から文の理解へと進み、主語動詞を中心とする文法指導が始まる。読んだ文章について、自分の意見を述べ始める。
C3 英検3級
(A1)レベル
100語程度の文章が読めるようになり、writingがスタートし、パラグラフ・ライティング(paragraph writing)の基礎を学び30語程度の文が書けるようになる。
C4 英検準2級
(A2)レベル
身近な150語程度のマテリアルを読み理解できるようになる。パラグラフ・ライティング(paragraph writing)を用いて意見文、日記文、記述文等身近なトピックを自分の言葉で60語程度で書けるようになる。
C5 英検2級
(B1)レベル
環境問題、SDGsのような話題を扱った文章を読んで理解できるようになる。
複雑なパラグラフ・ライティング(paragraph writing)を事実(fact)と意見(opinion)を織り交ぜ100語程度で書けるようになる。
C6 英検準1級
(B2)レベル
難関大学の長文、より専門的な話題の長文を読んで理解できるようになる。エッセイ・ライティング(essay writing)の基礎を学び200語程度の様々なwritingが書けるようになる。
C7 英検準1級
(C1)レベル
海外大学に進学に必要な読解力を身に付ける。300語以上のライティングが書けるようになり、海外大学で求められるリサーチ型writingが書けるようになる。

AR Writing

「書く」から「ThinkingするWriting」へ

6Skillsの根幹をなすものが<ARオリジナルWriting>。パラグラフの作り方から学び、日記、意見文、説明文などの実生活でのアウトプットを想定したトピックを使用。最終的に300語以上のエッセイが書けるレベル到達を目指します。

    C3 C4 C5 C6 C7
英検
(語数)
  3級
(25~35)
準2級
(50~60)
2級
(80~100)
準1級
(120~150)
1級
(200~240)
Basic/ライティング基本 文の数 5文 8文 8〜11文 16文
(2+4×3+2)
20文以上
語数 30語 60語 120語 200語 300語
構成 メインアイディアとアイディア3つ。 メインアイディアとアイディア3つ、
各アイディアにディティール1つずつ。
メインアイディアとアイディア3つ、
各アイディアにディティール2つずつ、
もしくは接続詞でつないだ長い文1つ。
序論と結論を簡略化したエッセイ形式。
各BodyパラグラフをPREP法で書く。
P(Point):主張。
R(Reason):理由。
E(Example):具体例。
P(point):再主張。
序論と結論を
1つのパラグラフに発展させた5パラグラフエッセイ。
Bodyの各パラグラフでは、
Topic sentence/Concluding sentenceを入れる。

C6レベルwriting例

1writingを書く前にドラフトをまとめます。

2実際にwritingを書き添削してフィードバックします。

段階を経ながら学習していくことで、300、400語の海外の大学に進学できるレベルのライティングが書ける生徒もいます。

AR Extensive Reading

「Text」「Picture」「Sound」で英語を読み耽る

ARでは2007年から多読をレッスンに導入しました。多読は『多読多聴は英語文化そのもの』です。
本を読むことで音、文法、語彙だけでなく文化そのものを学べるものものだと強く感じています。
読み浸ることで異文化を知り、問題を単に解くだけでは得られない英語の世界を知ることができます。
(2020年6月以降はオンラインでアプリを使った多読も行っております)

蔵書確認はコチラ

https://booklog.jp/users/oar2000

【SGS】(Students Goal Setting)によるフォローシステム

全ては生徒の「Future Dream」のため

生徒の希望・目標をフォローしていくための仕組みとして、
ARオリジナルプラットフォーム<SGS(Students Goal Setting)>を2020年度より稼働させております。

生徒の将来への希望・方向性の確認、その達成へ向けた個別カリキュラムの作成、学習進捗状況の共有、授業での様子や取り組み具合のご報告、学習などでのお悩み相談等・・・どれをとっても学力向上に欠かせないコミュニケーション事項です。
しかし従来の面談や学習状況報告、更には学校の通信簿等の連絡ツールでもこれらを網羅的にフォローすることは難しく、目の前の課題(直近のテストや英検など)をクリアするための指導・報告のみが行われている教育機関が多いのが現実かもしれません。

ARは生徒フォローも「Innovation」させます。

生徒の「夢・目標」を具体化し、それに向けた成長を6Skillsメソッドに基づいてフォローするプラットフォームとして<SGS>を誕生させました。
SGSにより生徒・保護者様・ARの3者が一体となった中長期的視点での「夢」実現のための学習目標共有・現状の確認を定期的に行い、<6Skills>との連携による指導と相乗させよりよい学習環境を実現するためのプラットフォームとして展開しております。

ARは創業以来、生徒・保護者様との密なコミュニケーションの形成による学習指導を重視してきました。その20年にわたる知見の集大成が<SGS>であり、<6Skills>との両輪での指導により<Creativeに学びUniqueな存在になる>生徒の育成に今後も全力を尽くして参ります。