TEL: 0285-24-5583

多読とは?

多読多聴は『楽しく・クリエイティブな思考を生み出す』学習方法です。 ARは今までの塾のイメージである『説明を聞いて問題を解き暗記する』といった受け身的な学習に疑問をもってきました。 『自らの頭で考え答えを生み出していく』最近の大学入試ではこの力こそが求められています。 そんなクリエイティブな思考を身につけるためにARでは2007年から『多読多聴』学習を始めました。効果は絶大です。  

ARの多読指導

1. レベルにあった大量のインプットにより『英語脳(直読直解)』を作る

中学校で使われている教科書の平均語数が2,000語~3,000語です。
ARの生徒さんの読む年間平均語数は中1で5万語、中2、中3で15万語、高校生で20~25万語です。
中には年間で50万語以上読む生徒もいます。
楽しみながらこのように大量のインプットを行うことで英語の語感が磨かれ、日本語に訳さずに直読直解が自然にできるようになります。

また、レベルにあった英語を大量に読み、少しずつレベルを上げていくことによって文法的な解釈に頼らずに素早く英文が読めるようになっていきます。

2. 多読のプロ ( 講師 ) による本の選定

難しいのは書籍の選び方です。
山の様に本がある中で、どれから読んでいけばいいのか?次にどんな本を読めばいいのか?これが難問です。
つまらなかったり、興味があっても難しすぎたりしたら読むことがいやになってしまいます。
楽しく、効果的に続けるためには本の選定が重要になってきます。
生徒一人一人が「楽しい!もっと読みたい!」と思うように講師が「今その生徒に最適な本」をアドバイスしていきます。

3. 大量の面白い多読図書(CD付)があること

初めは文字数の少ない絵本をCD付で読んでいきます。
ゆっくりと楽しみながら進めていくので、英語が苦手な生徒も大丈夫です。
本を読むことが好きな生徒はすぐに多読に夢中になりますし、本が苦手な生徒でも徐々に本を読む習慣を身に付けられます。
そして次第に日本語で小説を読むように自分自身で物語の世界を想像して読めるようになります。こうした英語のまま物語の世界に浸る多読をすることでクリエイティブな思考が育まれていきます。

4. 多読時間の確保

日本語の読書習慣さえない生徒が多い中、多読のための時間の確保もまた重要となってきます。
いつでも読める→全然読まないとなりがちです。ですので授業内での多読を毎回行うことでしっかりとした読書習慣が身についていきます。

5. FUN(楽しく)であること!

ARでは多読した後に、どんな本だったか感想を書きます。同じ本を読んでも一人一人の感想は違ってきます。それを書き出すことでもクリエイティブな力が養われています。

DSC_4760

多読学習のポイント

1.  大量の楽しい多読図書(CD付)があること

初めは文字数の少ない楽しい本をCD付で読んでいきます。
ゆっくりと楽しみながら進めていくので、英語が苦手な生徒も大丈夫です。
本を読むことが好きな生徒はすぐに多読に夢中になりますし、本が苦手な生徒でも徐々に本を読む習慣を身に付けられます。

2. 多読本の選定

難しいのは書籍の選び方です。
山の様に本がある中で、どれから読んでいけばいいのか?次にどんな本を読めばいいのか?これが難問です。
つまらなかったり、逆に難しすぎたりしたら読むことがいやになってしまいます。
楽しく、効果的に続けるためには本の選定が重要になってきます。

3. 多読時間の確保

日本語の読書習慣さえない生徒が多い中、多読のための時間の確保もまた重要となってきます。
いつでも読める→全然読まない→読書習慣が身に付かないといったマイナスのスパイラルになっている生徒も少なくないと思います。